How we work

アース・カンパニーのワークスタイル

icon2
アース・カンパニーは、
デジタル・ノマドの集合体です。

アース・カンパニーでは、3大陸から志を共にする9人の仲間達が、それぞれのポテンシャルを最大限に活かせる環境を創るため、各自のライフスタイルに合ったワークスタイルを尊重しています。

 

通勤できないから、地方に嫁いだから、または出産したから仕事ができなくなるのは、もったいない!

 

そんな考えから、私たちはデジタル・ノマド、在宅勤務、子連れ出勤など、新しい働き方を実践しています。

 

もちろん、いいことばかりではありません。

 

各国に散らばる同志たちと直接顔を合わせる機会は少なく、雨季の途上国は停電が頻発したり、と課題はあります。

 

しかしテクノロジーを最大限に活用し、年に数回は、日本やバリ島で全員が集まる機会を設け皆が「繋がる気持ち」を絶やさないことでそのデメリットを最小化する環境作りに努めています。

 

やがて時間や場所に制約されない働き方の時代が到来すると言われてきましたが、その時代はもう来ています。後世に残せる未来に、ワークライフバランスは極めて重要な要素。

 

だからこそ私たち自身が、サステナブルな生き方・働き方を、実践します。

デジタルノマドとは…

アメリカでは全労働人口の30%がデジタル・ノマドです。

「ノマド」は英語で「遊牧民」を意味し、デジタル・ノマドは、特定のオフィスを持たず、インターネットやスマートフォンなどの最新テクノロジーを駆使し、好きな環境で好きな時間に仕事をする人々を指します。かつてはフレックスタイム、フリーアドレス制度(社員が固定のデスクを持たないオフィススタイル)、ノマドなどの自由な働き方は、スタートアップカルチャーとしてしか認識されていませんでした。しかし今は、その新しい働き方が、生産性、社員の忠誠心、満足度を向上させることが証明され、チャット、テレビ電話、クラウドツールなどの最新テクノロジーを駆使し、最近ではユニリーバや外資コンサルティング会社など多くの大企業が導入して行っています。

BALI TEAM

icon2
アース・カンパニーのバリ・チームは
ウブドのシェアオフィスOnion Collectiveを無料で使わせていただいています。

バリ島で働くメンバーは、ノマドワーカーが長期滞在できる宿泊施設やレストランを併設するOnion Collectiveというシェアオフィスを拠点に働いています。

 

オーナーがアース・カンパニーの活動に賛同し、バリチームに対し、メンバーシップを無償提供して下さっています。

 

風通し良く、クリエイティブな空間で、常にリラックスした状態で効率良く働くことができています。

バリ島はデジタル・ノマドのメッカ!?

バリ島は、日本ではリゾートアイランドとして根強い人気を誇る島ですが、今や「ソーシャル・イノベーションの宝庫」「次のシリコンバレー」とも呼ばれ、起業家が集まる場所となっています。

 

その多くがデジタル・ノマドで、バリ島(特にウブド村)に集結する画期的なシェアオフィスで、それぞれが人と社会と自然に優しくクリエイティブな仕事をしています。

 

バリ島には現在10か所のシェアオフィスが存在しますが、中でも一番注目されるのが、世界中に点在するシェアオフィスImpact HUBのUbud版、Hubud。

 

田んぼを目の前に、竹建築で創られたオフィスで、時には猿に遭遇しながらどっぷり集中して仕事にのめり込むことができます。

 

そんな理想的な環境に、世界中から集まったデジタル・ノマドが、それぞれの専門知識をシェアしたり情報交換しつつ、コミュニティが創られています。

このウェブサイトも、Hubudを拠点とする
Mowgliが制作してくれました!!

Hubudを拠点とするMowgliは、イタリアのWEBマーケティング・戦略コンサルテイング会社です。

 

アース・カンパニーの活動に賛同し、プロボノ価格でこのウェブサイトを構築・管理して下さっています。

Hubudは、これ以外にも、Co-givingプロジェクトといい、Hubudに集まる才能とスキルを社会貢献に活用すべく、バリ島のソーシャルビジネスやNPOに対し、プロボノ支援を行っています。

ニュースレターをご希望の方はこちらから