【大好評につき増枠決定!】社会変革のスタートに立つためのオンラインプログラム、始まります!

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスとの闘いは、私たちの日常を大きく変えました。見えないウイルスとの闘いに、不安と恐怖を感じる一方で、世界と自分の生活がつながっていることを実感し、自粛生活のなかでこれからのコミュニティや社会のことを考え始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、Earth Companyは、よりよい社会の実現に向けて行動を起こす方を応援するために、ハバタク株式会社と共同でオンラインの学びのプログラム「SOIL for change makers」を開催!参加者を大募集します!

今までの社会のあり方に疑問をもち、
これからの社会へ何か行動を起こしたい方へ

自分や家族、友人のことを想い暮らす日々の中で、これまでの世界が創り上げてきた社会のあり方や、自然との付き合い方について、疑問を持ち始めたひとはいませんか?そして、これからの時代を心豊かに生きていくためには、今何かできることがあるのではないかと、考え始めたひとはいませんか?

「SOIL for change makers(以下、SOIL)」は、今までの社会のあり方に疑問をもち、自分も行動を起こしたいと思う社会人及び大学生を対象とした、オンラインの学びのプログラムです。

SOILの特長
①世界で今何が起きているのかを情報収集できる
②自宅にいながら、海外の第一線で活躍するチェンジメーカーの講義が聞ける(直接質問もできる!)※通訳あり!
③同じ問題意識を持つ仲間と出会い、思いや考えを共有できる

「SOIL」の講座を担当するのは、国際支援の最前線で活動するEarth Company共同代表の濱川明日香・知宏、そして東南アジア各国を舞台にした人材育成の専門家のハバタク株式会社共同代表の小原祥嵩。

さらに、海外のチェンジメーカーもゲストスピーカーで登壇。自宅にいながら世界から学び、そして、自分には何ができるかを考え、人生をかけて取り組んでいくミッションを明確にすることを目指します。

参加者同士がじっくり話し合うセッションもありますので、同じ問題意識を持つ仲間と出会う、ネットワーキングの機会にもなります!

プログラム概要

●日時

21時からスタートする、計10回のプログラムです。

ベースを揃える

1.5月4日(月・祝)21:00~23:00:ガイダンス・チームビルディング
2.5月5日(火・祝)21:00~23:00:社会課題の捉え方
3.5月6日(水・祝)21:00~23:00:課題解決の手法と思考

社会課題ケーススタディー

4.5月10日(日)13:00~15:00:気候変動(キャシー・ジェトニル=キジナー
5.5月20日(水)21:00~23:00:産科医療(ロビン・リム
6.5月27日(水)21:00~23:00:環境教育(ベラ・ガルヨス
7.6月3日(水)21:00~23:00:平和構築(ウェイウェイ・ヌー
※チェンジメーカーの登場順は変更の可能性があります。

自分のミッションと出会う

8.6月10日(水)21:00~23:00:社会課題ケーススタディーの振り返り
9.6月17日(水)21:00~23:00:参加者の学び・ミッションの共有
10.7月中:1ヶ月後の共有

●参加方法

オンライン(申込者には別途Zoomのリンクをお送りします)

●使用言語

日本語(チェンジメーカーとの対話には通訳あり)

●受講費(教材費含む)

33,000円(税込)

●定員

最大35名(大好評につき5名増枠!!)

●参加対象

・これからの社会のあり方に疑問をもち、自分も行動を起こしたいと思う、社会人及び大学生
・基本的に全回参加できる方

●主催

一般社団法人Earth Company/ハバタク株式会社

●お申し込み方法

下記バナーより、Peatixの申込ページからお手続きください。(開催当日、5月4日までの先着順です)

講師紹介

ハバタク株式会社 共同代表 兼 アジア・アフリカ地域統括 小原祥嵩


国際教養大学 アジア地域研究連携機構 連携研究員。IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現、日本IBM)へ入社。戦略コンサルタントとして複数業界・業種のクライアントに対する組織・業務変革の支援を行う。

2010年、ハバタク株式会社 設立。2011年 ベトナムオフィス開設。東南アジア各国を舞台にした人材育成事業及び当地域への事業展開支援を行う

一般社団法人Earth Company 代表理事 濱川明日香

ボストン大学国際関係学部・経済学部卒。ハワイ大学大学院太平洋島嶼国研究学部にて修士号取得。2014年ダライ・ラマ14世より「Unsung Heroes of Compassion」賞を受賞。Newsweek誌より「Woman of the future」に選出。

 

一般社団法人Earth Company マネージングディレクター 濱川知宏

ハーバード大学人類学部卒。ハーバード大学ケネディ行政大学院公共政策学部にて修士号取得。元東京大学特任助教。元国際NGOコペルニク最高戦略責任者。2014年ダライ・ラマ14世より「Unsung Heroes of Compassion」賞を受賞。

そしてケーススタディーで登壇するチェンジメーカーは、Earth Companyが支援するIMPACT HEROたちです。

■IMPACT HERO 2015:Bella Galhos(ベラ・ガルヨス)

活動国:東ティモール

人身売買、少女兵、亡命、難民生活を経て、環境教育を通して東ティモールを持続可能な未来に導く。その功績と元東ティモール現大統領補佐官の経験から、20232年の大統領候補とされている。当選すればアジアで初のレズビアンの大統領となり、LGBTIをはじめとするマイノリティ層だけでなく、女性や若い世代のエンパワメントを促進し、社会課題に対する変革を起こせる人物として注目されている。

■IMPACT HERO 2016:Robin Lim(ロビン・リム)

活動国:インドネシア・フィリピン・世界の被災地

「貧困が命を諦める理由になってはならない」と信じ、貧しい母親と赤ちゃんに無償医療を提供する。ロビンが開院したブミセハット国際助産院は、20年以上世界中からの寄付だけで運営。設立以来9,000人以上の赤ちゃんが生まれ、年間14万人以上に医療福祉サービスを提供している。

■IMPACT HERO 2017:Kathy Jetnil-Kijiner(キャシー・ジェトニル=キジナー)

活動国:マーシャル諸島

気候変動による水没の危機から国土と文化を守るため、国連気候変動サミットなど数々の国際会議で登壇。自身が創設したNGOジョージクムでは未来を切り開く次世代リーダーを育成し、キャシーに続いて世界各地で気候変動の影響を訴えるリーダーを輩出している。

■IMPACT HERO 2019:Wai Wai Nu(ウェイウェイ・ヌー)

活動国:ミャンマー

社会的圧力により18歳から7年間を刑務所で過ごしたロヒンギャ族出身のウェイウェイ。「ミャンマーを変えたい」と社会起業家としてヤンゴンなどに教育施設を設立。世界経済フォーラムによりグローバルヤングリーダーに選出されダボス会議や国連などの国際会議にも登壇し、英国BBCが選ぶ100人の女性、米国TIME誌の次世代リーダーに選出された。