【参加者募集】企業人として考える、リジェネラティブなあり方とは?「Regenerative Futures Camp 第4期」

異常気象、パンデミック、難民問題など、様々な地球規模での問題が起こっている今、なぜそれが起こっているのか?誰がそれを起こしているのか?私たちは次の世代に何を残せるのか?を改めて考え、行動することが求められています。

このプログラムでは、世界で活躍するチェンジメーカーや国内外のサステナブル先進企業の事例を題材に、Earth Companyが考える「これからの時代に必要な、人と社会と自然が共鳴しながら発展する、リジェネラティブな在り方」を届けます。

経営者としてサステナブル経営を学びたい、企業人として地球の為に自分にできることを考えたい方、日本中の同じ想いをもった仲間と一緒に学んでいきましょう。

Regenerative Futures Camp とは?

Regenerative Futures Campは、「人と社会と自然が共鳴しながら発展する、リジェネラティブなあり方」を学び、企業や個人として実践、行動していくためのオンラインプログラム。Earth Companyの教育事業であるインパクトアカデミーを通して、世界24カ国からの累計6000名以上に伝えてきたエッセンスをお届けしています。

2022年1月にスタートし、今までに約70名程度の大手企業の方や起業したスタートアップの社長、その他個人として学びたい方々にご参加いただき、参加者満足度はなんと100%!

「思考と感情が行ったり来たりで、気付けば魂揺さぶられるというすごい運営」
「気持ちから変化していくため、半永続的なモチベーションアップにつながる。このようなプログラムは他にない。素晴らしいと感じた」

などの感想が寄せられています。

講師紹介

ハーバード大学卒・元世界銀行コンサルタントで、一般社団法人Earth Company 最高探究責任者の濱川知宏、立命館大学卒・リクルート出身でインパクトアカデミーを担当する山本万優がお届けします。Day1とDay7には、代表理事の濱川明日香も登壇予定!

濱川知宏

一般社団法人Earth Company 最高探究責任者

濱川明日香

一般社団法人Earth Company 代表理事

山本万優

一般社団法人Earth Company インパクトアカデミー担当

プログラム概要

●日程: 2023年9月29日(金)開始!全8回(合計16時間)

 

●時間:※Day1とDay7のみ19時開催となりますので、ご注意ください。

Day1:19~21時(オンラインと対面のハイブリッド開催)
Day2~Day6:20時~22時(オンライン開催)
Day7:19~21時(オンラインと対面のハイブリッド開催)

 

●プログラム内容:

【個人のあり方編】Regenerationについて学び、個人のあり方を考える

-Day1:9/29(金)オリエンテーション(※対面とオンラインのハイブリッド開催)
-Day2:10/12(木)地球規模の課題整理・インパクトヒーローの紹介
-Day3:10/26(木)Regenerationについて学ぶ
-Day4: 11/2(木) 個人の在り方・アクションを考える

【企業人のあり方編】企業人としてRegenerationを実践する

-Day5:11/9(木)Regenerationを企業に当てはめると?
-Day6:11/30(木) 自分の仕事・事業をどのように進化できるか
-Day7:12/14(木)一人一人のリジェネレーション宣言(※対面とオンラインのハイブリッド開催)
-Day8:2024/3/21(木)3ヶ月後の実践報告会

※毎回、アーカイブ動画を全員に配信しますので、欠席した場合でもアーカイブでご確認いただけます。
※「個人のあり方編」「企業人のあり方編」のみ参加も可能です!

 

●開催場所:

・Day1/Day7の対面会場:GOBLIN.目黒店 東京都品川区上大崎2-11-10 Fujiwara Building 5F

※最寄り駅:目黒駅 (JR山手線) 徒歩1分
※Day1は山本万優が対面会場に、濱川知宏/明日香がオンライン会場におります。
※Day7は濱川知宏/明日香、山本万優が対面会場におります。

・オンライン会場はすべてzoomとなります。

 

●受講費
・全8回:45,000円(税込)
・「個人のあり方編」(全4回):23,000円(税込)
・「企業人のあり方編」(全5回 ※Day1、Day5~8):29,000円(税込)

 

●定員:最大30名、最小催行人数15名

 

●お申込み方法:下記バナー先のPeatixページより、お申込みください。

 

●申込締切:9月22日(金)23:59

プログラムで得られるもの

1.世界をよくするために自分は何ができるか、学びを通じて実践プランを立てられる

国内外の事例やインパクトヒーローのストーリーから社会課題の解決策を学ぶだけでなく、最終回にはご自身のアクションを発表して頂きます。世界の課題を自分ごと化し、自ら変革者になる一歩を踏む方々のサポートをします。

 

2.日本全国でサステナビリティやリジェネレーションを学び、実践している仲間との出会い

オンラインでの勉強会だけでなく、対面でリジェネレーションを学べるイベントやスタディツアーを参加者内で自主開催!

オランダなど海外での取り組みを現地視察した情報を共有したり、研修終了後もサステナブルなアクションを取り続ける参加者同士のコミュニティも広がっています。

 

3.世界の社会課題を構造的に把握し、最先端のサステナビリティ企業実践事例を学べる

会社の事業をより循環型、再生型にシフトするにはどのように進めるのか、社員にサステナビリティを推進するにはどうしたらいいのか、どのように自身の日常生活に取り入れられるのか、社会課題の背景を学びながら、実践に繋がる事例紹介を行います。

 参加者の感想

 

※勤務先情報は、参加当時のものとなります。

rfc_shitara_sama

設楽有沙さん

直観を信じて申込!今でも影響し合える講座の仲間は私の財産

 

「各回で学んだことはそれぞれありますが、Day1の衝撃の強さが印象に残っています。メディアを介しては触れることができない社会課題が多くあることを改めて実感しましたし、もっとリアルな世界の現状を知りたい、と強く思った瞬間でした。

また、様々な経験や視点を持つ仲間たちとフラットに気持ちを話したり、ディスカッションをする機会が、より思考を深く濃くしてくれました。講座仲間は今でも繋がっており、オンライン上で体験をシェアしたり、リジェネラティブに関係するイベントがあれば一緒に参加したりと、今でも影響しあえる関係性を築くことができ、財産となりました」

⇒設楽さんへのインタビュー記事はこちらから!

柏田滉太さん(株式会社LIFULL)

自分と地球、今とこれからとの距離が少し縮まりました

 

「『認識はしているけれど、どこか距離のある実態の掴みづらいもの』。受講前の私にとって、社会問題はそのような立ち位置でした。しかし、受講を終えた今、スマートフォンと紛争・環境問題のように『気づけば、この先にあるもの』に変化した実感を持てるようになりました。

1人1人が与える影響は小さくても、その積み重ねが未来を変えられることを信じ、私自身、まず身近な人にこのプログラムで得た知見を伝えていきたいと思います」

⇒柏田さんへのインタビュー記事はこちらから!

rfc_fukuzaki_Sama

福﨑 二郎さん(株式会社フクシン)

「本質的な心持ち」を学べた素晴らしい時間

 

「本来は、SDGsや地球環境問題などに、今後僕がどう取り組むべきか?まだまだやれることがあるだろうか?と、そういったものを見つける事が目的でしたが、心持ちを学べるとは思わなかったです。

ただ、その心持ちの中の「ワクワク」の中には、SDGsの理念が中心的なものであることも確認できました。素晴らしい学びの時間でした」

⇒福﨑さんへのインタビュー記事はこちらから!

日高あゆみさん(三井不動産株式会社)

目を背けてきたこと、自分の視野が狭かったことに気づかされた

 

「参加してみて『社会的な潮流から、ESG投資/SDGsを推し進めていかなければならない』という義務的な考え方から、実際の世界、環境破壊、人権問題に対する当事者意識を持てるようになりました。

私が今まで地球環境から目を背けてきたこと、目を背けてきていることを気づかされ、自分の世界の見方がいかに狭く、自己中心的であったかということを認識させられました。参加してよかったと思っています」

⇒日高さんへのインタビュー記事はこちらから!