Earth Company×ボーダレスジャパンのトークセッションイベントを開催!

2019年7月16日(火)、WeWork京橋で世界で活躍する社会起業家を輩出する2社、「Earth Company」と「株式会社ボーダレスジャパン」のトークセッションイベントを開催しました。

社会がより便利で豊かになっていく一方で、世界には貧困、差別偏見、環境破壊など数え切れないほどの社会課題が存在しています。

それらを解決し、新しい価値を生み出し、さらには誰もが安心して暮らせる社会を実現するには国連や政府、民間団体だけではなく、「社会を動かすビジネスの力」が必要です。

 

このイベントでは、Earth Companyと、「10億円稼ぐ社会起業家1,000人育てる」と24もの社会課題解決に取り組む株式会社ボーダレス・ジャパンの各代表が登壇し、それぞれの取り組みや社会起業家支援の仕組み、明日からできる社会課題解決への関わり方などをお伝えしました!

イベント公開2日で満席、そして追加チケットも即日満席となったこのイベントをレポートします!

 

 

1年間に10社が社会起業!
社会起業家のプラットフォーム・ボーダレスジャパン

 

 

社会問題を解決する「ソーシャルビジネス」しかやらない会社として、テレビ東京「ガイアの夜明け」をはじめ、多くのメディアで紹介されているボーダレス・ジャパン。

世の中にたくさんある社会問題を解決するには、たくさんのビジネスモデル、たくさんの成功事例が必要です。そこでボーダレス・グループは3つの仕組みをつくりました。

 

【たくさんのビジネスモデルと成功事例を作るための仕組み】

 

①入社後2年以内に起業する、起業家を採用

②起業する時は、事業に集中できるように創業資金は投資

③バディ制度で、単月黒字化でき軌道に乗るまではマーケティングの専門家が伴走

 

さらに、これを世界に広げていくための仕組みも、3つ構築されました。

 

【世界に広げるための仕組み】

 

①余剰利益はみんなで100%共有

②利益の使い道や制度は全グループの社長が話合う合議制の共同体経営

③グループ会社は採用、投資、報酬をすべて自分で決める独立経営

 

 

各社が独立経営をしながらも、利益を共有し、その利益を次の仲間である社会起業家に投資していく。このように利益を「恩送り」するシステムでは、「起業する時に起業資金を心配しなくてもいい」というメリットがあります。

 

そしてもう1つ重要なポイントがあります。「自分のお金で起業するのと、先輩たちが一生懸命事業をして出した利益から投資をしてもらって起業するのとでは、責任感が違う」ということです。実際にそれが、起業家が事業を成功させるための強い原動力になっています。

 

さらに、もっと多くの社会起業家を創出するため、「芸人を養成するNSCをつくったら、テレビには芸人が溢れるようになった。」という吉本興業のモデルからヒントを得て設立された、社会起業家養成所のボーダレスアカデミー。

4ヶ月でビジネスプランを学ぶこのアカデミーの第1期生は約50名。入学金・授業料は25万円ですが、卒業後6ヶ月以内に法人設立したら、授業料を全額返金という万全のサポート体制に、「社会起業家を養成する」という本気度が伝わりました。

 

1人の社会起業家に3年間!
とことん寄り添う支援を提供するEarth Company

 

 

一方、「社会起業家を支援する」という根っこの部分は同じでも、多くの社会起業家を創出するボーダレス・ジャパンのアプローチとは異なり、「1人の社会起業家に対し、3年間集中的にとことん寄り添う、深い支援」を提供するのがEarth Company流です。

1000万円以上の資金調達も含めた、3年間の深い支援を提供するのは、「アジア太平洋地域の途上国で並外れた変革力を持つ、社会起業家(IMPACT HERO)」だからこそ、私たちの支援により彼らの社会インパクトを飛躍的に拡大することができます。

 

 

たとえば、2015年に選出された初代IMPACT HEROのベラ・ガルヨス(東ティモール)は、Earth Companyが支援した3年間で、何もなかった山岳地帯の荒れ地に、子どもたちがオーガニック農業を学ぶ国内初の環境学校、地域経済発展に貢献するエコツーリズムの要となるエコホテル、女性の経済的自立を支援する農協を設立し、一帯をオーガニック農園の豊かな大地に変えました。

その場所は、今や年間約500人の子どもたちが学び、20ヵ国から年間2000人以上の観光客が訪れ、現大統領から「東ティモールで最も美しい場所」と称されています。

 

【支援活動を支えるソーシャルビジネス】

 

この社会起業家(IMPACT HERO)への支援活動は、みなさまからのご寄付に支えられていますが、活動を持続するために行っている事業がIMPACT BALI(バリ島ソーシャルビジネス研修)事業と、今年6月にソフトオープンしたバリ島ウブドのエコホテルのMana Earthly Paradiseです。

これらの事業は、その利益が100%、社会起業家(IMPACT HERO)たちへの支援活動費となるため、研修に参加し、エコホテルに宿泊するだけで、社会課題の解決に貢献することができます。

参加者からは「どちらも素敵」「最高」の声が!
 

今回のイベントは、Earth Companyとボーダレス・ジャパンのFacebookでライブ配信。オンライン参加者も含め、100名弱の方が参加し、10人の参加者にTwitterでリアルタイムで「#溢れる社会起業家」というハッシュタグで感想をつぶやいてもらいました。

Twitterやオンライン配信のコメントでは「どちらも素敵」「最高」「久しぶりにすごーくわくわくした時間でした」などのコメントを頂き、また、中にはこのような素敵なイラストで、学びを整理してくれた方も!

 

作成:Chiemi Nakagawa

 

オンライン、オフラインで参加して下さった、多くのみなさま、本当にありがとうございました!!!

今回のこのイベントが、この先みなさまが身の回りの社会課題を考え、関わりを持ち、何か行動を起こすきっかけになりましたら、本望です!

今日からできる!社会課題関与の方法

ロヒンギャ族出身で、ミャンマーの社会課題に取り組む32才の女性リーダー・ウェイウェイ・ヌーの活動を支えるクラウドファンディン実施中です!

多民族国家の社会で少数民族の人権を守り、民族を超えて平和な未来を作る次世代リーダーを育成する教育プログラムを、一緒に応援しませんか?