第2回ロビン・リムから「愛」と「お産」を学ぶブミセハット国際助産院研修プログラム

2020年2月4日(火)-2月7日(金)

最少催行人数:10名 定員:15名

198,000円(税込)

申込〆切: 12月31日

「現代のマザー・テレサ」ロビン・リムが講師
全プログラム日本語解釈付きで学べる
ブミセハット国際助産院流の優しいお産

 

24時間365日、貧しい妊産婦に無償医療を提供するブミセハット国際助産院

お母さんと赤ちゃんの人権を尊重し、
愛に溢れるブミセハット流のお産モデルは国内外から注目され
年間6,000名以上がバリ島ウブドのクリニックを訪れ、学んでいます。

2020年2月、多くの助産師・ドゥーラのみなさまのご要望にお応えし、
日本語通訳、日本人助産師の解説付きで学べる
第2回
ロビン・リム研修プログラムを
バリ島にて開催いたします。

「現代のマザー・テレサ」ロビン・リムから直接学ぶ
この貴重な機会を、どうぞお見逃しなく!

参加いただいたみなさまの声

「笑ったり泣いたり歌ったりと、心も身体も頭もいっぱいだったバリ島での日々でした。本当に貴重な経験をさせていただきました」(U.Nさん、助産師・病院勤務)

「『そもそも、朝夜関係ないという職である助産婦を選んだこと自体が、クレイジー』と語って下さったロビンさんと過ごした日々は、勤務助産婦を卒業した私にとって、糧となり勇気付けられた時間でした」(O.Cさん、フリー助産師)

「今回のプログラムで、ロビンさんのレクチャーを受けたり、日本の助産師の方々とたくさんお話をしたりして、ドゥーラとして初めての学びがたくさんありました」(A.Yさん、ドゥーラ)

「お母さんたちへの愛だけではなく、まずは自分を愛し、そして母親として自分の子どもたちに対してもたくさん愛を表現すること、愛を次世代に伝えていくことが本当に素敵なことだと感じました」(Y.Rさん、助産師)

詳しくは、2019年4月に開催された第1回ブミセハット国際助産院研修プログラムの報告レポートをこちらよりご覧ください!

ロビン・リムから「愛」と「お産」を学ぶ
ブミセハット国際助産院研修プログラム

 

日程

2020年2月4日(火)〜2月7日(金)
※現地集合現地解散(日本-バリ島間の移動日は含まれておりません)

 

プログラム日数:

実質4日間(移動日含め6日間)

 

参加費用:

198,000円(税込)

費用に含まれるもの:
研修プログラム費、滞在中の宿泊費(ロビンが運営するPeace Kitchenに滞在します)、朝食・昼食代、最終日の夕食代、3日目に訪問するティルタウンプル寺院への移動費

費用に含まれないもの:
航空券(各自ご手配ください)、最終日以外の夕食代、ングラ・ライ国際空港からウブドまでの交通費、海外旅行傷害保険(各自でご加入ください)

※空港からのタクシー送迎サービス(有料 4,400円)が必要な方は、お申込みの際にご連絡ください。

 

最少催行人数・定員:

最少催行人数:10名 *催行の決定は10名のお申込みがあった時点、または1月1日に行います。
定員:15名 *定員になり次第お申込み〆切

 

対象者:

– 助産師、ドゥーラ、医師、看護師など助産・お産関連の仕事に従事している方
– 助産・お産関連の勉強をしている方
– ロビン・リムから直接お産について学びたい方

 

企画・運営:

プログラム提供:ブミセハット国際助産院、一般社団法人Earth Company
運営:PT Jalan 278 (インドネシア法人)

プログラム日程

講義・演習プログラムは、ロビン・リムが講師を担当します。 

ブミセハット国際助産院での臨床見学(妊婦健診、分娩、退院支援等)は、

プログラムに含まれておりませんので予めご了承ください。

※プログラム内容は予定です。変更する場合もございます。

1日目(2月4日)

 

(朝食)

  • オリエンテーション:プログラムの確認・事務連絡等を行います
  • バリ式参拝
  • 自己紹介とアイスブレーキング
  • 助産師サポートの輪

 (昼食)

  • ブミセハット国際助産院視察&お産と気候変動
  • 1日目の質疑応答など
  • バリ式マッサージ(注)※任意で参加いただくオプションプログラム
2日目(2月5日)

 

  • モーニング・ヨガ(妊婦のためのヨガ)

(朝食)

  • 助産師としてのスキルとお産のロールプレイ

(昼食)

  • 予期せぬ事態への対応と家族へのサポート
  • 2日目リフレクション
  • ウブド市内観光 *バリ伝統舞踊鑑賞(予定)
3日目(2月6日)

 

  • モーニング・ヨガ(妊婦のためのヨガ)

(朝食)

  • 胎盤の神秘

(昼食)

  • 全体リフレクション

(参加者同士の夕食会)

4日目(2月7日)

 

  • モーニング・ヨガ(妊婦のためのヨガ)

(朝食)

  • 心身を癒すバリの薬草

(昼食)

  • 閉講式
  • フェアウェルパーティ(ロビンの自宅にて子宮をイメージした特製のピザ窯で焼くピザパーティ!)

 

プログラム日程

講義・演習プログラムは、ロビン・リムが講師を担当します。ブミセハット国際助産院での臨床見学(妊婦健診、分娩、退院支援等)は、プログラムに含まれておりませんので予めご了承ください。

※プログラム内容は予定です。変更する場合もございます。
※プログラムの全容はこちらのリンクよりPDFでもご確認いただけます。

1日目(2月4日)

 

(朝食)

  • オリエンテーション:プログラムの確認・事務連絡等を行います
  • バリ式参拝
  • 自己紹介とアイスブレーキング
  • 助産師サポートの輪

 (昼食)

  • ブミセハット国際助産院視察&お産と気候変動
  • 1日目の質疑応答など
  • バリ式マッサージ(注)※任意で参加いただくオプションプログラム
2日目(2月5日)

 

  • モーニング・ヨガ(妊婦のためのヨガ)

(朝食)

  • 助産師としてのスキルとお産のロールプレイ

(昼食)

  • 予期せぬ事態への対応と家族へのサポート
  • 2日目リフレクション
  • ウブド市内観光 *バリ伝統舞踊鑑賞(予定)
3日目(2月6日)

 

  • モーニング・ヨガ(妊婦のためのヨガ)

(朝食)

  • 胎盤の神秘

(昼食)

  • 全体リフレクション

(参加者同士の夕食会)

4日目(2月7日)

 

  • モーニング・ヨガ(妊婦のためのヨガ)

(朝食)

  • 心身を癒すバリの薬草

(昼食)

  • 閉講式
  • フェアウェルパーティ(ロビンの自宅にて子宮をイメージした特製のピザ窯で焼くピザパーティ!)

2019年4月に開催された第1回ブミセハット国際助産院研修プログラムの報告レポートはこちらからご覧ください!

研修プログラムに関し、お問い合わせを多くいただくご質問をFAQとしてこちらにまとめましたので、ご参考になさってください。

その他のお問合せがある方は、下記お問合せフォームに入力して送信してください。

後日、担当よりご連絡させていただきます。