米国政府主導YSEALIワークショップをバリ島で開催!

Earth Companyは、アジアのソーシャルイノベーションが集まるバリ島ウブドで、2019年3月下旬に、米国政府が主導する「YSEALI Impact eXL Regional Workshop 2019」を、ハワイに拠点を置くEast-West Centerと共催しました!

YSEALI(Young Southeast Asian Leaders Initiative )は、2013年に当時のオバマ大統領が立ち上げた若者のリーダーシップ育成プログラムで、国際的な課題解決のための国境を超えた協調を推進しています。

YSEALIでは毎年各地でワークショップを行っています。今回の「エコ・プレナーシップ」(環境起業家精神)にフォーカスしたワークショップでは、Earth CompanyがEast-West Centerと共に、バリ島に拠点を持つElamiGreen School、及びHubudの協力を得て企画したプログラムが在スラバヤ米国領事館に採択され、開催が決まりました。

積極的に意見を交わし合い、第一線で活躍するウブドの社会起業家たちと交流した3日間の地域ワークショップは、参加者にとって環境への取り組みやビジネスの可能性を加速する機会となったようです!

 

 

55名が参加した3日間のワークショップ

 

本ワークショップには、55名の定員に対して11ヵ国から140名以上の応募があり、インドネシア、フィリピン、ベトナムなど東南アジア各国から社会起業家たちが参加しました。参加者の事業領域は、エシカルなライフスタイルブランドから廃棄物管理コンサルタント等、多岐に渡ります。

3日間の地域ワークショップでは以下のセッションが行われました。

 

  • オープニングセッション
  • 「ラーニング・ジャーニー」セッション
  • メンター主導のワークショップ
  • 参加者主導のワークショップ
  • ピア・インベストメント・ギャラリー
  • 閉会式

 

 

学び合い、ネットワークを広げるラーニングジャーニー

 

初日のオープニングセッションの後、ラーニングジャーニーのため、参加者たちは、Earth CompanyのMana Earthly Paradiseへに移動しました。

「ラーニングジャーニー」とは、自分自身のキャリアを考え、他の起業家との類似点や違いを分析する場です。

Mana Earthly Paradiseの4つのヴィラでは、Earth Company代表の濱川明日香の他、コペルニクE.thicalFive Pillar Foundationの4つのの団体のファシリテーターがプレゼンテーション。また、ウブドで開発・生産された、環境に配慮したエコ製品を展示し、販売しました。

参加者はこのセッションで、バリ島のスタートアップに触れながら、ファシリテーターや参加者同士と交流して学び合い、ネットワークを築くことができました。

 

 

グリーンスクールでは
第一線で活躍する11人の専門家と交流

 

ワークショップ2日目は、世界最先端のエコスクールと言われるGreen Schoolを訪問しました。

このGreen Schoolは、幼稚園から高校までの生徒に対して起業家精神を養い、ホリスティックな視点を持つ未来のリーダーを育てるという教育方針で運営され、電力や飲み水や食べ物などを自給しています。ここでは、ファイナンスの基本からデザイン思考までの多様なテーマについて、11人の専門家と14名の参加者による、25のワークショップを開催しました。

11人の専門家には、東ティモールでルブロラ・グリーンヴィレッジを創設したIMPACT HERO 2015のベラ・ガルヨス等、第一線で活躍する社会起業家の顔ぶれが揃いました。

 

 

お互いの事業に投資判断をする
「ピア・インベストメント・ギャラリー」

 

最後のセッションであるピア・インベストメント・ギャラリーは、バリ島初のシェアオフィスであり、アジアのコワーキングの先駆けでもあるHubudで開催されました。

起業家同士による本セッションは、通常投資家が持つ意思決定権を起業家に与えることにより、ベンチャー投資における力関係を根本から変えるものです。元々米国のVillage Capitalが取り入れたこのアプローチは、日々の活動から遠く離れた投資家よりも、現場で活動する起業家たちのほうが同等の、あるいはより良い投資判断ができるという仮説に基づいています。

この仮説を実践するため、他の起業家に対する投資資金として、全ての参加者に50ドルずつが与えられました。そして、参加者の半分がそれぞれのブースで自分の事業をプレゼンし、残りの半分の参加者が各プレゼンを聞いて、投資判断を行います。その後、役割を交代してセッションは完了です。

この経験を通じ、参加者は投資家の視点を持つとともに、他の起業家の先進的な取り組みを学ぶことができました。

 

 

3日間の地域ワークショップを終えて

 

夕暮れのクタビーチで行われた閉会式には、政府高官も参加。夕食とバリ舞踊を楽しんだ後、3日間の成果に対し、参加者に修了証が贈呈されました。

 

まさに大成功だった、3日間の地域ワークショップ!最後に2名の参加者の声をご紹介します。

「ワークショップでは、資金調達の方法が特に役に立ちましたし、他の社会起業家たちの成功事例は、今後の私自身の事業運営にも大いに参考になりました。ここで得られたネットワークは、まさに私の財産です」(Zi Xiang Chan, Langit、マレーシア)

「メンターや他の起業家たちから、多くのアイデアと刺激をもらいました。地元に戻って、それらを実践するのが楽しみです!」(Binh Mi Tran, Nhà Mình Learning Center & Eco-homestay、ベトナム)

 

ワークショップ参加者インタビュー動画も公開!